(以下、サイマル・アカデミープロ翻訳者養成講座の2009.2.24付けの資料から抜粋)

人は一生成長する

 

 サイマル・アカデミーのプロ翻訳者養成講座の講師になるまで、私は年をとることは人間の可能性をすり減していくものだと思っていた。だから30代や40代になってから新しいキャリア、それもプロ翻訳者という専門職を目指そうというのは、その人が単に無知なのか、あるいは翻訳という仕事を舐めているかのどちらかだとしか思えなかった。

 そのため開講当初は、受講生の眼を覚まさせて「まっとう」な人生を歩んでもらうようにすることが講師としての務めだと考えていた。「本当にプロ翻訳者になりたい人は、こうした講座にはきません。ここにきている時点で、皆さんはプロ翻訳者になることは難しいと思います」などと、授業中によくいっていたものである。

 授業でも、翻訳を教えることはほとんどしなかった。翻訳技法は人から教えられるものではなく自分で見つけ出すものであり、まわりが何かいうと逆に自分自身を失わせることにつながりかねないと考えていたからである。

 だが、これは受講生側からみれば、ここにきているようでは翻訳者になれないと面と向かっていわれ、さらには授業でほとんど何も教えてもらえないということだから、まあ詐欺みたいなものである。

 ところが、そうした授業をしていたにもかかわらず(あるいは、そうした授業をしていたからこそなのかもしれないが、そこのところがよくわからない)、この講座からは幾人ものプロ翻訳者が育っている。そのうちの何人かは、40をすぎてから翻訳の勉強をはじめた人たちである。人生のなかばに達してはじめて翻訳というものにふれ、そこからプロの道へと進みはじめたのだ。翻訳は演劇や音楽と同様に一種のアートであるから、翻訳者とは「見い出す」ものであって「育てる」ものではないと信じていた私にとって、これはまさしく想像外の出来事だった。

 そうした経験を積み重ねるうちに、私の翻訳者養成に対する考え方、もっとおおげさにいえば人間の成長というものに対する見方が根底から変わっていった。年をとることは決して人間の可能性をすり減していくものではなく、やり方次第では人は何歳からでも伸び、そして一生成長しつづけることができる――そう本気で思いはじめたのである。

 開講から7年近くがたって、その思いはますます強くなってきた。毎期さまざまな人が当講座にやってくるが、年齢や職業や経歴にかかわらず、みんな伸びる。伸びる程度は千差万別だが、ひとつだけ確実なことは、誰もが必ず伸びるということである。

 当講座はプロ翻訳者の養成講座であるから、受講生は翻訳のプロになることを目指してここにやってくる。しかし実際にプロ翻訳者になることはそれほど簡単なことではない。私はよく「桃栗三年、柿八年、翻訳者十年」というのだが、これはべつに誇張していっているのではない。すべからく、プロというものはそういうものなのだ。大工だってコックだって会計士だって医者だって、みな同じことである。

 だがそれでも受講生の皆さんにいいたいのは、事情の許すかぎり勉強をぜひ続けていただきたいということである。誰もが簡単にプロ翻訳者になれるわけではない。しかし勉強を続けることで間違いなく得るものがある。それはみずからが成長しつづけているという確かな実感である。年をとろうが、いまの生活がどうであろうが、人間は努力をするかぎり、いつまでも成長しつづけることができるのである。そしてそのことが実感できることは、社会的キャリアを得ること以上に人生にとって大切なことではないだろうか。