日本人の第二言語としてのグローバル英語(GESL)

 

成瀬塾は「日本人の第二言語としてのグローバル英語」の学習の場です

 

これまでの英語学習は下に示した「ネイティブ英語​」観に縛られたものでした。

 

ここでの「英語」は、私たち日本人にとって「外国語」です。言い換えると、私たちは「自分のことば」としてではなく「他人のことば」として英語を学んできたのです。

​成瀬塾の「英語」観は違います。成瀬塾では日本人がまず学ぶべきは「ネイティブ英語​」ではなく「日本人の​第二言語としてのグローバル英語」(Global English as a Second Language, GESL)であると規定します。

GESLは私たち日本人の「自分自身のことば」であり、日本語と同様に日本人として自分を表現するものです。ゆえにそれは日本人がみずからの手で育てていくべきものであり、英語ネイティブに頼るべきものではありません。

成瀬塾では、私たち日本人はまず自分の第二言語としてグローバル英語の学習をおこなって十分なグローバルコミュニケーション力を身につけたあと、必要であればネイティブ英語を含む「外国語」の学習をおこなうことが、適正な学習の道筋だと考えています。

ネイティブ英語中心の英語.png
「第二言語としてのグローバル英語」中心の英語観.png