© 2018 成瀬塾

February 28, 2018

kindleで『「日英」ライティング入門』をパブリッシュしました。売り文句は次の通り。

「英作文や英文ライティングの世界では、英米人をお手本にして、それをただ真似るだけの学習方法が長く用いられています。「日英」ライティングは、そうした主体性のない英語学習のあり方を脱して、日本語人が日本語人としての誇りを持って国際英語を書けるようになることを目指しています。」

200円です。お買い得ですよ。ぜひ。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07B476F69/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1519796013...

February 27, 2018

2011年にユーチューブにアップしたミニミニ翻訳レッスンビデオ(2分)「意味チャンク」を見直してみた。。アップしてからもう7年。はやいなあ。

リンカーンのゲティスバーグ演説の出だしの翻訳手法を意味チャンクで説明している。

自分でいうのもなんだが、けっこう中味は面白いぞ。ただし読み手(私です)が、クライ。現物は、以下です。

https://www.youtube.com/watch?v=cWLVT7bxEjM

February 26, 2018

こんにちは。これから、プロ産業翻訳者というキャリアについて、そこに至るための道のりについて、お話をさせていただきます。まず、「誰がプロ産業翻訳者になれるのか」という点から、お話をはじめます。

1. 誰がプロ産業翻訳者になれるのか

私が講師をしているサイマル・アカデミー翻訳者養成講座の本科には、いま75歳の受講生がいらっしゃいます。順調にいけば、今年か来年にはプロ翻訳者デビューができそうな様子です。76歳の新人プロ翻訳者というわけです。これって、とてつもなく、すごくないですか?

また、これまでの受講生のなかでも、主婦をしていて翻訳経験ゼロの...

February 22, 2018

日英翻訳を教えている一人の生徒さんからの強い要望を受けて、日本語の「~の」と英語のofについての考察を本格的にリスタート。3月末までには40~50ページにまとめてkindleで出版すると彼女に約束したので、そうします。これまでの研究の蓄えがあるので、それを利用しながら、これまでよりも更に一歩踏み込んだ新しい考察をしていきます。

まずは既存参考文献の読み返しから始めているが、現時点で非常に高く評価しているのは于 飛さんの論文『日本語助詞「の」の研究』。于 飛さんは現在、大連外国語大学日本語学院で教えておられるようです。

于 飛さんは、連体...

February 21, 2018

『日本語で認識・思考・表現するとはどういうことかー心の日本語文法』(1)~(4)をkindleパブリッシングで出版しました。日本語で認識・思考・表現するとはどういうことかを知りたい方にお勧めです(そのままですが)。1冊200円。4冊そろえても800円と超お買い得です(はは)。以下をクリックください。

https://www.amazon.co.jp/dp/B079XW4YMZ/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1519189797&sr=1-1

「はじめに」は以下のとおり。

私たち...

February 20, 2018

今度の日曜日(2/25)にサイマルが主催して「通訳者・翻訳者への道」という無料セミナーを開催します。

その第1部(第1部 英語/翻訳者への道「対談!産業翻訳と出版翻訳の魅力」)に私がスピーカーとして出ることになっています。

もしご興味があるようなら、見に来ませんか。事前予約ですが、私のゲストとしてなら入れると思います。ご連絡を。

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=635&t=1

February 19, 2018

私が講師をしているサイマル・アカデミー翻訳者養成講座の本科には、いま75歳の受講生がいます。順調にいけば、今年か来年にはプロ翻訳者デビューができそうです。76歳の新人プロ翻訳者というわけです。これって、すごくないですか?

この1月には「首都大東京を「100歳大学」に――都が中高年向けコース新設」とのニュースも出ました。「東京都の小池百合子知事は5日、高齢者の新たな挑戦を後押しするため、首都大東京(八王子市)に中高年向けのコースを新設すると発表した。首都大を生涯学び続けられる「100歳大学」にすることを目指し、2018年秋からプレ講座を...

February 8, 2018

今年に入って翻訳者・翻訳研究者としての私が人工知能による翻訳に対して真正面から反論を試みていることに対して、その真意を理解してくれている翻訳関係者は非常に少ない。

これからAI翻訳は「言葉をつなぐ」翻訳能力を急速に向上させていき、おそらく10年以内には「言葉をつなぐ」翻訳では人間翻訳者などとは比べものにならない能力を獲得するだろう。だが私が恐れているのはそのことではない。「言葉をつなぐ」翻訳などAIができるのであればさせればよい。

私が恐れているのは、そうした「言葉をつなぐ」AI翻訳の爆発的な普及によって、本当の意味での翻訳すなわち「心...

February 2, 2018

英日・日英翻訳者のための「心の日本語文法」入門 』をkindleパブリッシングで出版しました。

翻訳者の翻訳者による翻訳者のための日本語「文法」(といってもオーソドックなものではなく「心の翻訳」モデルに特化したものですが)の解説書です。定価200円です。今年はkindleパブリッシングでこうした翻訳関連シリーズを20~30冊出版する予定です。

February 1, 2018

内田樹のブログのご紹介。(http://blogos.com/article/274989/

次のような言葉が載っています。

「こういう流れを「国際化」とか「グローバル化」といって肯定的に語る人がたくさんいます。でも、それはそんなに喜ばしいことなんでしょうか。とりあえず日本において統計的に一つだけわかっていることは、母語の教育を疎かにして、限られた教育資源を英語に集中するようになってから英語力が低下したということです。

この現実に慌てた政府は日本人が英語ができないのは学習開始年齢が遅いからだという根拠のない解釈に飛びついて、英語教育の開...

Please reload

特集記事