© 2018 成瀬塾

July 24, 2018

英語教育について様々な議論がなされている。だがそれらの議論のほぼすべてにおいて最も重要な点が見逃されている。通訳翻訳機の普及によって実利という観点からみれば英語を勉強する意義は失われていくという事実である。

あと数年で人工知能による通訳翻訳機は間違いなく実用段階に入る。お疑いならばグーグル翻訳を試されればよい。予想以上の高い精度に驚かれるはずだ。音声対話の精度向上はAIスピーカーで実証済みだ。

この結果、近い将来には海外旅行や観光客相手の簡単な英会話であれば通訳翻訳機で十分足りるようになる。仕事でも英語に精通しているからといってキャリア...

July 23, 2018

お送りした「英語の語彙力を鍛える(2)」に対して、さっそくある読者の方からコメントが戻ってきた。その中で、最適の語彙トレーニング本は『DUO3.0」』なのですか、との質問があったので、お答えしておく。

まず、答えはノーである。私は『DUO3.0』を、基本的には評価していない。たいへんに申し訳ないが、同書は巷にあふれている英語「小手先」本のひとつだと判断している。そこには(伊藤和夫の著書にはある)日本語人が英語を学ぶことの意義に対する深い思索のあとが見あたらない。ひとことでいえば、精神性がない。たとえどのようなジャンルであっても、精神性...

July 23, 2018

「英語の語彙力を鍛える(2)」の本論では、英語初心者のための英語語彙の学習について論じた。一言でいってしまえば、最初の1500語はとにかく「まる暗記」しなさい、ということだ。ただし英語と日本語を一対一対応させては絶対にダメ。そのためには例文で覚えなければいけない、その例文も英文和訳の日本語文と一対一対応させてはいけない、ということである。

さてここからは、その「まる暗記」の方法についての話である。

脳科学者は記憶をさまざまなタイプに分類しているが、なかでも最も記憶として長く強く定着しやすいのは「エピソード記憶」だそうである。なんらかの出...

July 23, 2018

英語学習の初級者はとにもかくにも1500語をまる覚えせよ、という話に続いて、では中級学習者としては英語の語彙学習をどのように進めればよいのか、について話す。まず、synonymとdefinitionの活用についてである。

なおここでいうところの中級学習者とは1万5000語の習得をめざす英語学習者のことである。1万5000語程度の語彙をマスターすれば、英語での仕事や研究がとりあえずこなせるからである。ただし非常に高度な仕事や研究については1万5000語レベルではまだ無理だ。大卒程度の知識を持つ英語ネイティブの運用語彙力は5万語程度と考え...

July 23, 2018

中級学習者は英語の語彙学習をどのように進めればよいのかについて補遺版3ではsynonymとdefinitionの活用について述べた。この補遺版4ではラテン語/ギリシャ語の語源の活用について述べる。

たとえば、補遺版3で取り上げたpedestrianという語の最初にあるped-はラテン語のpedes = a foot(足), on foot(徒歩で)を語源とする。ペダル(pedal)のped-と同じだ。

そのほかにもped-(足、徒歩)を部分として持っている英単語は数多い。たとえばcentipede(むかで)はまさにcenti-(ラテン語...

July 23, 2018

ここまで初級英語学習者、中級英語学習者に対して英語の語彙学習に関するアドバイスを述べてきた。ここでいう初級とは1500語レベル、中級とは1万5000語レベルの英語語彙力の獲得を目指す英語学習者のことであった。

本論では上級英語学習者に対するアドバイスを述べたい。上級とは5万語レベルの英語語彙力の獲得を目指す英語学習者のことである。英語は60万もの語彙を有するがそのうちの5万語程度の語彙を獲得すれば一般的な英文ならば過不足なく理解できる。ゆえにこの水準が上級英語学習者の目標としてふさわしい。

上級英語学習者がまず肝に銘じておかねばならない...

July 19, 2018

「英語の語彙力を鍛える」の(1)と補遺版では語彙力強化の理論と方法について解説した。この(2)(と補遺版)では、実際の語彙力学習の方法を述べる。なお、今回は初級者編である。

ところで語彙の学習の前に、まずはブラインドタッチによるキーボードの英語と日本語のタイピング技術を習得しておかなければならない。これは英語学習にとって必須である。無料/低価格のブラインドタッチ学習ソフトがいくつも出ているのでそれを使えば数十時間でマスターできる。完璧にブラインドタッチをマスターする必要はなく、おおまかでもよい。学習期間は長くとも1-2週間といったとこ...

July 16, 2018

日本の英語教育をテーマとしている社会学者の寺沢拓敬さんのエッセイをご紹介しておく。

https://news.yahoo.co.jp/byline/terasawatakunori/20180710-00088888/

エッセイのタイトルは「2020年に「英語革命」が起きるらしい(ただし、安河内哲也氏によれば)」。

その中味を少しだけ抜粋する。

「安河内氏をはじめとした外部試験導入推進論者は、「波及効果」のようなテスト研究の用語を使っており、一見、学術的な議論に思われるかもしれない。しかし、政策の道筋を考えた場合、きわめて粗い議論であり、学...

July 13, 2018

成瀬塾の、いわゆる「ミッションステートメント」をつくろうとしているところです。現在のバージョンは、次のとおり。

【成瀬塾の使命】
成瀬塾の使命は、日・英・翻・知の統合教育の開発と実践を通じて、日本語人と日本語文明の発展に貢献することである。

The Mission of Narusejuku
Narusejuku will develop and practice the integrative education of Japanese, English, Translation, and Knowledge to help buil...

July 13, 2018

「英語の語彙力を鍛える (1)」を配信したところ、ある読者からすぐにコメントが返ってきた。じっくりと読んでみたが、さっぱりわからない、とのことだった。専門用語が多すぎて結局のところ英語語彙力を鍛えるためには何をすればよいのかが一向につかめない、とのことである。もっと平易なことばで語彙力アップのコツを教えてほしい、とのことだった。

ごもっともである。そこで、この増補版でそのリクエストの一端に応えたい。こうすれば英語の語彙力が本当の意味でアップするという、具体的方法論を、できるだけ簡単に説明する。同時に、良質の参考書もご紹介する。

(1)...

Please reload

特集記事

30代以上の日本人なら誰もが知っている水戸黄門の決め文句。英語にすると、どうなるでしょう。

You! Control yourself! Take a good look at this insignia!

「ええい」は、You!。「お前たち!」のニュアンスです。

「静まれ」は、Be quiet.ではだめ...

「ええい、静まれ、静まれ。この紋所が、目に入らぬか!」

September 28, 2017

1/1