英語を教えるほうが英語の本質を知らない

私が中学生のときに一番好きだった教科は(体育を除けば)数学、一番嫌いだった教科は英語でした。理由は、数学は頑張って理解さえすれば理屈に合ってすっきりするから。英語はいくら頑張って理解しても理屈に合わずにもやもやしたままだから。だから、英語を勉強するってつまらないなあ、などと思っていました。 でも、これは本当のところは違うんですね。英語でも、しっかりした説明をきちんと受ければ、もやもやせずにすっきりとできるんです。生徒がすっきりできないのは、文科省を筆頭として、英語を教えるほうが英語及び英語を教えるということの本質をわかっていないからです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾