作文は作曲とおなじ行為

作文は作曲と同じ行為です。英語ではどちらもCompositionです。音楽で作曲をする場合には西欧音楽理論である楽典を学び、さまざまな作曲技法を学びます。クラシック音楽はもちろんのこと、ポピュラー音楽でも同じことです。作曲者は、そうした知識と技法を身につけたうえで、その土台のうえに自分の感性や才能を展開します。いくら感性や才能に優れていても、作曲のための理論と技法を知らなければ、まともな作曲はできません。 作文においても、同じです。作文のための理論と技法を知らなければ、いくら感性や才能に優れていても、よい文章づくりはできません。考えてみれば当たり前ですが、その当たり前のことが当たり前として通用しないのが実情です。 この状況を変えなければなりません。その第一歩となるのが、悪文の排除です。それも、たんなる感覚的な悪文排除ではなく、理論と技法に基づいた合理的な悪文排除でなければなりません。悪文の原因を理論的に明らかにし、適切な技法を用いて、それを解消していくのです。 理論と技法に基づく悪文矯正の実践トレーニングを積むことで、わかりやすい日本語文章を生み出す能力は着実に伸びていきます

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾