学校英文法にとって代わる、日本人英語学習者にとって本当に意味で役に立つ英文法をつくりだし、それを教えていくことを目指しています。

私の講義での英語「文法」に関する説明は、既存の学校英語での説明とは本質的に異なるので、受講生のなかには最初はとまどったり反発したりする人もかなりいます。

たとえば、英語の「前置詞」は「動詞」と同じ機能と捉えることができますし、またそのように捉えたほうが私たち日本人の英語理解がはるかに上手くいきます。それにも関わらず、こうした説明をすると一部の受講生の顔には「前置詞が動詞と同じ?この先生、大丈夫?」と書いてあります。

また進行形はSVC構文の一変種であり、完了形はSVO構文の一変種だと捉えることは日本人の英語理解にとって有効です。が、これも前置詞・動詞の場合と同様に、このことを話すと私に対する不信感が一部受講生の顔には浮かびます。学校英文法とは異なるからです。

日本人英語学習者には学校の英語授業を通じて刷り込まれてきた役に立たない英文法知識、本質的に間違っている英文法知識が、数多く詰め込まれています。学校英文法に良い部分がまったくないわけではありませんが、悪い部分に比べると良い部分ははるかに少量です。したがって学校英語での文法の説明は日本人英語学習にとって益よりも害の方がはるかに大きいと私はみなしています。これは私だけの考え方ではなく多くの英語関係者の見方でもあり、だからこそ学校英文法排斥論が英語教育で長年にわたり非常に強い勢力を持っているわけです。

しかしだからといってコミュニカティブ・アプローチのように英文法そのものを排斥してしまうのは明らかに間違いです。これでは「産湯と共に赤子を流す」ことになります。

これからの英語教育にとって大事なのは、学校英文法にとって代わる、日本人英語学習者にとって本当の意味で役に立つ英文法をつくりだし、それを教えていくことです。私の「心の英文法」はそれを目指してつくられたものです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾