なぜ中学や高校において英文法と日本語文法とを一緒に教えないのでしょうか。

私はいつも思うのですが、なぜ中学や高校において英文法と日本語文法とを一緒に教えないのでしょうか。国語と英語とに教科が分かれているから、などといったくだらない理由は成り立ちません。百歩譲って、もしもそれが理由ならば「総合学習」の一環として行えばよいだけの話です。

英文法教育と日本語文法教育との融合については、すでに60年以上も前に日本語文法学者の三上章が強く提唱しています。そして、それが日本語教育と英語教育のどちらにも非常に大きなシナジー効果を生み出すのは火を見るよりも明らかです。ところが私の知る限り、英語教育学者も日本語教育学者も、このことについていかなる積極的な提言も行ってきていません。いったいどうなっているのでしょうか。

日本語教育と英語教育の融合については、文法分野だけではなく発音の分野でも非常に大きな成果を生み出すことでしょう。英語教育学、日本語教育学の専門家の皆さん、ぜひご検討を。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾