高校生向けの英作文の参考書についても書いておく。

ついでに、高校生向けの英作文の参考書についても書いておく。

高校生向け英作文参考書として、消極的な意味において読むに値するのは『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』だけである。そのほかの英作文参考書についてはすべてコメントするにも値しない。まったくのダメダメである。

『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』で展開されている日本語→英語という英作文理論/手法を私は根本的に間違っていると考える。日本語を英語にすることは本質的に不可能だからである。翻訳するべきは言葉そのものではない。表層の言語表現の下に存在する思考やその他の「心」のほうである。

したがって本来であれば、この本についても私としては否定をしなければならない。

だが私の読む限りにおいて、この本の著者の竹岡氏はそのことを充分に承知している。承知していながらも、高校生に教える「方便」のひとつとして、敢えて日本語から英語への言語変換という手法を採用している、ような気がする。(なお、その他の英作文参考書の著者については、日英言語変換手法を用いることに対していかなる反省もないようにしか読めない。ゆえに論外である。)

以上から、私としては『竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本』を「消極的な意味において」読むに値する英作文参考書だと判断する。

いっぽう「積極的な意味において」読むに値する英作文参考書はまだ存在しないが、それについては成瀬が書く予定である。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾