『総合英語 Evergreen』は高校生向け英文法学習参考書として、新しい道を歩み始めたという点で高く評価したい。

注文していた高校生向け英文法学習参考書『総合英語 Evergreen』が、いま届いた。ぱらぱらとめくってみた。これはいい。『総合英語 Forest』の後継版だというが、『Forest』とは、英語文法に対する説明の仕方を本質的に変えたようだ。

『Forest』は、従来のばかげた英文法観をひきずった悪書だった。先の投稿で私は「また高校の有名英語参考書(たとえばForest)には「動作や状態を表す語を動詞と呼ぶ。動詞を文中で用いるときには、自動詞として用いる場合と、他動詞として用いる場合がある」などと、わけのわからないことが書いてあります。」と敢えて悪口を書いたのも、そのためだった。だが『Evergreen』では、そうした記述もなくなっているようだ。

そのほかの説明をいまぱらぱらとみても、人間の心の動きの部分にまで解説を届かせようとする姿勢がよくわかる。また日本語との本質的な違いにも触れようとしている。もちろんいずれの説明も私の目からみればまだ充分ではないが、それでも、これまでの高校生向け英文法学習参考書に比べるとまさに革命的展開である。新しい道を歩み始めたという点で高く評価したい。

いまネットで調べてみたところ、『Forest』から『Evergreen』へと変わる際にどうやら出版社も巻き込んでのトラブルがあったらしい。そのせいもあるのだろうが、アマゾンの書評はまったく的外れのことしか書いておらず(いつものことではあるが)、またそこには、革命を目指す『Evergreen』をなんとか貶めようとするアンシャンレジーム側たる『Forest』の意図も少し見え隠れする。しかし私にとっては、そんなことはどうでもよろしい。いずれにしろ、ようやく高校生向けのまともな総合英文法学習参考書が出始めたようである。たいへんに喜ばしい。。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾