「英語ネイティブ」の発音に対して異常なほどのあこがれと崇拝の感情を持っている英語学習者が一部だが存在する。

英語で授業をおこなう際には、私は日本人としての国際英語発音を使用している。ただしカタカナ発音では決してない。カタカナ発音はそもそも英語ではない。

具体的にいえば、発話スピードを適正に保つこと(早口にならない)、語尾の子音まできっちり発音すること(明確に話す)、リエゾンやリダクションといった発話エネルギー省力化のための音韻的特徴はなるべく消すこと(標準的に話す)に努めている。

なぜそうするかといえば、そのように話す方が、世界の誰に対しても、はるかによく内容が通じるからである。そしてそのことは、学術研究からも証明されている。

逆に、たとえば一部米国人のように、様々な非標準的な音韻変化を用いながら早口にまくしたてるように話すことは、国際英語の場では最もふさわしくないコミュニケーション方法である。ひとりよがりであるとしかいいようがない。

ところが日本人のなかには、そうした「英語ネイティブ」の発音に対して異常なほどのあこがれと崇拝の感情を持っている英語学習者が一部だが存在する。彼らにとっては「英語ができること」とは「英語ネイティブと同じ英語発音ができること」と同値であり、そして彼らのいうところの「英語ネイティブ」とは米国または英国出身の白人以外の何物でもない。

私が受け持つサイマルアカデミーの翻訳講座にはそうしたタイプの英語学習者は決してやってこないが、英語教育としての仕事の場では、ときとしてそうしたタイプの英語学習者に出くわすことがある。

たとえばだが、かつて某外資系有名アイスクリーム会社の社内英語研修の講師として出向いたときには、受講生の大半がそうしたタイプの英語学習者たちだった。

私がいつものように国際英語でゆっくりと明確に話し始めると、彼らは一斉にがっかりしたような表情を浮かべはじめた。この先生は「ネイティブ」のような発音では話さない、すなわち、英語ができない、と彼らは判断したようだ。

しばらくしてから質問はないかというと、そのうちの一人がぺらぺらとしゃべり出した。おそらく米国に長くいたのだろう。米国なまりの早口でくずれた英語だった。そこで私も、それにあわせてある程度だが米国発音に切り替えたところ、受講生の態度が一変した。この先生はある程度「英語ができる」と、どうやら彼らは判断したのである。

結局のところ、その研修については途中で自分から講師を降りてしまった。エージェントには大きな迷惑をかけることになってしまったのだが、その研修の講師として私がふさわしくないことは明白だったので、仕方がなかったと今でも思っている。それ以降、私は企業社内英語研修の講師は引き受けていない。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square