世界のなかで日本人が日本人としての自信とプライドをもって仕事をしていくために必要なのは…

日本人の英語の最大の欠点は、自分自身の英語に対して自信がないことにある。そのためネイティブに少しでも間違いを指摘されると、もうそれだけで意気消沈してしまう。英語の達人などと呼ばれる人ほどそうであり、そうした人がこんどは他の日本人の英語の間違いを指摘している。

英語力のなかでも特に自分の書く英語に対しては、日本人は徹底的なまでに自信がない。自分の書く英文など英語ネイティブからみれば間違いだらけであって価値が低いものだと、勝手に判断して勝手に落ち込んでいる。この自己卑下感が、日本人が日本人として自信とプライドをもって仕事をしていくことを大きく阻害している。自分自身に自信とプライドのない人間のいうことなど、他の人間がきくわけがない。日本人の世界での存在感が薄い大きな理由がここにある。

この状況を打破するためには私たちは自信とプライドをもって英語の読み書きができるようにならなければならない。ではそのためにどうすればよいのかといえば、それは日本人としての国際英語の高度な読み書き能力の基準の設定であり、そしてそこに達するための具体的な訓練手段の構築と実践である。(以下別稿)

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾