「ネイティブチェック病」を抜け出す

日英翻訳の現場では日本人翻訳者が訳した英文には「ネイティブチェック」を必ずおこなうことが前提となっている。そのために翻訳会社ではネイティブチェッカーの確保に多大の費用と労力をかけ、それによって納期とコストに多大の負担が生じている。そしてその状況に対して翻訳業界の誰もが疑念を抱いていない。

だが英語ノンネイティブ間の英語コミュニケーションが世界の英語使用の大半を占める現在、このような日本の翻訳業界の体質は単なる「ネイティブチェック」信仰に過ぎないのではないか。そしてそれが日本の翻訳だけではなくグローバル発信そのものを阻害しているのではないだろうか。

この状況を抜け出すことは決して容易ではない。なぜならそれは日本人の心に深く根付く「英語ネイティブ」信仰を反映したものだからである。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾