先生稼業は「世のため」「人のため」になんぞ、やっちゃいけない。

『日経ビジネス』誌の記事の中の名文句。「部下はね、忘れるんだよ」

「でも、Aさんは部下を育てて、部下もすごく慕っていたので、きっと彼らの『心に残る上司』になっていくんでしょうね」と、私がボソッと言ったところ、「その時は、ね」とボソッと(あるエラい人が)言い返した。「へっ? その時とは????」と突っ込んだところ、次のようにおっしゃった。「部下はね、その時は感謝するかもしれない。でもね、やがて忘れるんだよ。せいぜい何十年か後に訃報を聞いて葬式に出るくらいかな(笑)」

人間とは、こういうもの。長年、先生稼業をしていると(あるいは、わが身を振り返ると)身に沁みて、よく分かる。

だからこそ、先生稼業は「世のため」「人のため」になんぞ、やっちゃいけない。先生なんてものは、あくまでも「教えた人が伸びると、自分が楽しい」から、やるもんです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾