英語ノンネイティブには英語で一定の誤用をおこなう「権利」がある。

英語ノンネイティブが国際英語を利用する際には、一定の誤用をおこなう「権利」がある。一方で、英語ネイティブが国際英語を評価する際には、一定の誤用を許容する「義務」がある。この権利と義務は、世界の人間が自由と平等のうえで関係を結ぶために必ず守られなければならない普遍的な原理原則である。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾