「心の英作文」技法の完成に向けて

日本語人による日本語人のための英作文には、確固とした理念、明確な理論モデル、実践的な技法が必要である。

私の考案した「心の英作文」には確固とした理念がある(日本人としての国際英語の確立)。明確な理論モデルも完成されている(言葉ではなく心の働きを日英間でつなぐ)。現在の課題は実践的な技法の完成度にある。

理論に基づいた英作文のための種々の技法は既にできている。だがそれを実際の英作文の場で用いるケーススタディの数が(いくつかはあるものの)まだ十分ではない。そこが十分でないかぎり、ネイティブ信仰の厚い壁は打ち破れない。

現在サイマルでおこなっている財務日英翻訳コースは英作文技法のトレーニング方法確立に向けての重要な一歩になるだろう。これまで私の頭の中だけにあった数々の英作文技法が、具体的なかたちで受講生に提示されている。これならば間違いなくどこの現場で使えるというレベルに確実に近づいているのを感じる。こうした試みを今後も地道に増やしていくことで、どこかで大きなブレイクスルーがやってくるものだと信じている。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾