したたかな実利主義の効用

英作文/日英翻訳を学ぶ日本語人学習者の心の中には「英語ネイティブの自然な表現」をマスターしたいという欲求(というか願望というか)が根深く潜んでいるように見える。

ところが中国人やインド人などの書いた英語を読んでいると、日本語人のように英語ネイティブ崇拝という心理をあまり感じない。それよりも、自分のいいたいことを英文で発表することで自分の社会的経済的価値を少しでも上げようとする実利的意識を強く感じる。もちろんそのためには英文としての規則を厳守し表現も洗練させなければならないのだが、それは「英語ネイティブの自然さをマスター」するためなのではなく、それをすることで自分の利益になるからである。

こうした、したたかな実利主義は、日本語人も大いに見習うべきではないかと、最近は感じている。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾