求む!国際英語専門の日英翻訳エージェント!

実務翻訳者・翻訳研究者として私がずっと待ち焦がれていることがあります。それは国際英語専門の日英翻訳エージェントの出現です。

そのエージェントでは、英語ネイティブではなく、専門知識と国際英語ライティング力と翻訳技能とを合わせ持つ日本語人が翻訳を担当します。訳文のチェック・レビュー作業については想定読者、すなわちさまざまな文化や言語背景を持つ世界中の非英語ネイティブがおこないます。このようにして高い価値を持つ国際英語翻訳サービスをリーゾナブルなかたちでお客様に提供すること。それが私の考える国際英語専門の日英翻訳エージェントのビジネスミッションです。

旧来の日英翻訳エージェントのビジネスミッションは「英語ネイティブに通用する英語を提供すること」です。そのもとに「日英翻訳者は英語ネイティブのみ」「すべての訳文にはネイティブチェックが入っています」といった宣伝文句が頻繁に使われます。これは日本人の英語ネイティブ崇拝メンタリティにつけこむコンプレックスビジネスの典型です。

こうした愚劣なビジネスモデルにつきあうつもりはないので、これまでは日英翻訳ビジネスの世界にはできるかぎり近寄らないでいました。しかし小学校での英会話導入に見られるように現在の日本社会はこれまで以上に英語植民地化の動きが加速しており、またそれに反発するかたちでの国粋的メンタリティも一部日本人の中で徐々に高まっているように見えます。いずれも日本社会にとって非常に危険な兆候です。

こうした状況を打破できるのが国際英語人としての新たなタイプの日本人の登場ではないかと考えます。そしてそれを翻訳の面からサポートできるのが国際英語専門の日英翻訳エージェントというわけです。

皆さんの中で、国際英語専門の日英翻訳エージェントはもうすでにありますよ、といった情報をお持ちの方があれば、どうかご連絡ください。私としてはそここそが翻訳分野での理想のビジネスパートナーですので、ぜひともご一緒に仕事をさせていきたいと思います。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾