人間による翻訳が20年後にも残るために必要なこと

言葉と言葉とをつなぐことが翻訳だという現在の社会常識を根底からくつがえし、英語と日本語とは言葉としては翻訳ができない、できるのは人間の日本語の心と英語の心とをつなぐことだけだという新たな常識を社会全体に広く共有させることができなければ、人間による翻訳が20年後にも残ることはほぼ不可能だろう。

だが、この事実を本当に深く認識できている人間は、翻訳関係者の中にもほとんどいない。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾