『「日本語らしさ」の文法』は、日本語文法の一押し本になる予感あり

『「日本語らしさ」の文法』(近藤安月子、研究社)が今日とどいたので読み始めたのだけれど、これはいい! これまでの日本語文法の研究成果が本当によくまとまっている。日本語文法の中上級テキストとして今後の一押し本になる予感がする。

ただ、最初に「日本語という言語はどのような言語でしょうか。日本語の文法を司る基本的な原理や規則にはどのようなものがあるでしょうか」とあるように、これは最良の「日本語研究書」である。「日本語人が日本語で世界を認識し思考し、それを言語で表現するとはどういうことか。それはどのようなメカニズムと動的プロセスでおこなわれているのか」という私の知りたいこと(研究テーマ)を直接に扱っている訳ではない。

まあ、これは近藤さんは日本語研究者なのだから当たり前のことであり、そのことでこの本の価価値が落ちるわけではさらさらない。中上級の日本語文法を知りたい翻訳者の皆さんも、ぜひぜひご一読を!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾