【翻訳ワンポイントレッスン】 日本語人は「丸裸の名詞」を誤読する

英日翻訳トレーニングに絶好のセンテンスを発見。間違いそうなポイントがいくつも入っています。そのセンテンスをもとに、これから何回かのレッスンをします。今回はその1回目。

そのセンテンスは次のもの。まず英文を理解して、日本語にしてみてください。

A man is a laborer if the job society offers him is of no importance to himself but he is compelled to take it by the necessity of earning a living and supporting his family.

ある方は、次のように訳しました。

業界に職を提供されれば労働者になるというのは、自分にとっては何の興味もないことだ。しかし、生計を立て家族を養うためには、その仕事をせざるを得ない。

これは誤訳です。英文構文の理解に失敗しました。どこを失敗したかというと、最初のA man is a laborer if the job society offers him is of no importance to himselfです。

この方は、この部分を次のように理解しました。

(That) A man is a laborer

if the job society offers him

is of no importance to himself

すなわち、(That) A man is a laborer ...himまでがthat節の名詞用法であり、その名詞用法のthatが省略されている、としたのです。

そしてこの構文理解で、無理やりに日本語にしたために

「業界に職を提供されれば労働者になるというのは、自分にとっては何の興味もないことだ。」

になってしまった、ということです。

本当の分析は次のとおりです。

A man is a laborer

if

the job

society offers him

is of no importance to himself

society offers himがthe jobに対するmodifier節です。

この方の構文理解の失敗はthe job society offers himのsocietyを、その前のthe jobとくっつけてthe job societyと名詞に理解してしまったところです。そのため、the job societyがhimにofferするという間違った構文理解になり、それを担保するために、ほかの部分も間違ってしまった、という流れです。

ポイントは、societyという語がtheやaもつかずに丸裸のままで名詞/主語になるという認識を、この方が明確には持っていなかったこと。たとえば、もしこの部分が

A man is a laborer if the job which the society offers him is of no importance to himself...

であれば、この方も構文把握ミスを決して起こさなかったでしょう。

この問題は、この方だけの問題ではありません。日本語人英語学習者の非常に多くが、この「丸裸」のsocietyを名詞と認識することが、うまくできないのです。

もちろん、これはsocietyという語だけの問題ではありません。その他の語でも、当然ながら起こます。したがって私たちは、この「日本語人は『丸裸』名詞を誤読する」という、日本語人としての弱点を十分に理解しておかなければなりません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾