【翻訳ワンポイントレッスン】 大谷の初勝利の日本語コメントを英語に翻訳すると、こうなる

大リーグでの「二刀流」を目指す大谷翔平が投手として初勝利を挙げました。おめでとうございます!

今回のレッスンでは試合後のインタビューでの大谷のコメントを日本語と英語とで比較してみます。

日刊スポーツの記事での大谷の日本語コメントは次のとおりです。

「個人的にも勝ってよかったですし、勝ち越して次のカードにいけるので、チームとしてもすごいよかったんじゃないかなと思います」

これがAP通信の記事ではこうなっています。

“Personally I feel like I got off to a good start and obviously the team went 3-1 on the first road trip, so I’m very happy with the results,” Ohtani said through a translator.

「個人的にも」がpersonally、「勝ってよかったです」が、

I feel like I got off to a good start

(ここらへんは、実際には日本語でも別の表現だったのかも)。

「勝ち越して次のカードにいけるので、チームとしても」が、

obviously the team went 3-1 on the first road trip,

そして「すごいよかったんじゃないかなと思います」が、

so I’m very happy with the results

こうしてみると、通訳さんの言葉のプロとしてのテクニックが光っていますね。

とくに最後の「すごいよかったんじゃないかなと思います」=so I’m very happy with the resultsという訳は素晴らしい。もしも直訳してI think all were very fine.などとしてしまったら、即アウト。通訳としての次の登板はないですね。まあ、そんなまぬけな通訳はいないでしょうけど。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾