トランプvs.メディアの「口撃」合戦は、どっちもどっち

Amazonに対してトランプ大統領が例のごとくの「口撃」に打って出たことは数多くのアメリカ人からの例のごとくの「反口撃」を生み出しています。ここに紹介する元New York TimesビジネスコラムニストのJoe Noceraのコメントもそのひとつ。

https://www.bloomberg.com/view/articles/2018-04-04/amazon-and-bezos-can-t-be-hurt-by-trump

Many of President Donald Trump's tweets can be classified as foolhardy, but his series of recent rants about Amazon.com Inc. were over the top. I will leave to others the implications for democracy when a U.S. president singles out a company that he wants to punish, but from a business point of view, his crusade is nuts. For all of Trump's huffing and puffing, there is little he can do to inflict pain on Amazon and its chief executive, Jeff Bezos. It's amazing that he can't see it.

(トランプ大統領のツイートはそもそも無茶苦茶なものばかりだが今回のアマゾンに対する攻撃はそれにしてもやりすぎだ。米国大統領が一企業を名指しで非難することが民主主義にとってどういう意味を持つかについては他の人のコメントにまかせるが、ビジネスの観点からいえば今回のトランプの攻撃は馬鹿げている。いくら鼻息荒くわめきたてたとしてもアマゾンとベゾスには痛くもかゆくもないからだ。驚いたことにはトランプにはそのことがわからない。)

☆☆☆

私たち日本語人を含む非米国人にわからなさそうな表現をピックアップすると、次のとおり。

  • foolhardy: Recklessly bold or rash (向こう見ずな、無謀な)

  • rant: Speak or shout at length in an angry, impassioned way (わめき声)

  • over the top: To an excessive or exaggerated degree ‘(やりすぎ、いきすぎ)

  • single out: choose someone or something from a group for special treatment (1つだけ選び出す)

  • nut: (informal) A crazy or eccentric person (いかれている)

  • huffing and puffing: Express one's annoyance in an obvious or threatening way (ふーふーと息を切らしてわめきたてる)

  • inflict: Cause (something unpleasant or painful) to be suffered by someone or something (相手にとって嫌なこと・苦痛になることを〕与える、押し付け)

それにしてもひねくれた英文です。正直にいうと私はこういった類の英語を書くアメリカ人をあまり好きにはなれません。米国インテリっぽい言葉づかいを振りかざしているだけにしか思えず、そしてそのことに自分自身も気づいていないのではないかとも感じます。

そういった「The Best and Brightest」たちにトランプ大統領の支持者たちは反発を感じているのかも知れません。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾