「大谷翔平は、どうみても地球の人間ではない」

大リーグにいったとたんに3戦連続でホームランをかっとばし、こんどは7回途中までパーフェクトピッチング!あきれ返って、もはやコメントできないですよね。

それは米国人も同じ。あるブロガーはclearly not from this planet(どうみたって宇宙人だ)とのコメントに続けて、次のように書いています。

https://deadspin.com/shohei-ohtani-is-very-clearly-not-from-this-planet-1825094229

I feel like if you’re even remotely a sports fan, you must tune in to watch Shohei Ohtani. What he is doing so far this season is genuinely insane. (スポーツにぜんぜん興味がなくとも、いまの大谷翔平には注目すべきだ。今シーズンのここまでの活躍は、どうみたって尋常じゃない)

英語としてみると、完全な口語表現。remotelyを「ぜんぜん」の意味でつかったり、tune in(原意は「ラジオの周波数をあわせる」)を「注目する」に使ったり、さらにはgenuinely insane(純粋に正気でない)を「どうみても尋常ではない」といった逆説表現に使っています。

こうした表現は、私たちのような国際英語の使い手には必要のないものですが、ネイティブ英語の使い手の表現としては楽しいものですね。

それにしても、大谷選手、どうみたって尋常じゃない!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾