January 7, 2019

Please reload

最新記事

30代以上の日本人なら誰もが知っている水戸黄門の決め文句。英語にすると、どうなるでしょう。

You! Control yourself! Take a good look at this insignia!

「ええい」は、You!。「お前たち!」のニュアンスです。

「静まれ」は、Be quiet.ではだめ...

「ええい、静まれ、静まれ。この紋所が、目に入らぬか!」

September 28, 2017

1/1
Please reload

特集記事

英語の語彙力を鍛える (1) 増補版

July 13, 2018

「英語の語彙力を鍛える (1)」を配信したところ、ある読者からすぐにコメントが返ってきた。じっくりと読んでみたが、さっぱりわからない、とのことだった。専門用語が多すぎて結局のところ英語語彙力を鍛えるためには何をすればよいのかが一向につかめない、とのことである。もっと平易なことばで語彙力アップのコツを教えてほしい、とのことだった。

 

ごもっともである。そこで、この増補版でそのリクエストの一端に応えたい。こうすれば英語の語彙力が本当の意味でアップするという、具体的方法論を、できるだけ簡単に説明する。同時に、良質の参考書もご紹介する。

 

(1) 日本語を介在させない――英語の語彙と日本語の語彙とは決して一対一対応しない。したがって英語を覚えるときには日本語を介在させてはならない。till=「~まで」、come=「来る」、as=「~のように」といった英単語帳的な暗記はご法度である。

 

(2) 英語を英語として理解して覚える――ではどうすればよいかといえば、英語は英語として理解して覚えることである。tillの意味はtill、comeの意味はcome、asの意味はasである。それ以外にはない。

 

(3) 「絵」「コアイメージ」を用いる――こうした考えのもとでの実際の有効な学習方法のひとつは、絵つまりビジュアルイメージを活用することである。最も伝統的な教材としてはI. A. Richardsなどが作ったEnglish Through Picturesシリーズがある。これはベーシックな850語の意味を簡単なイラストを通じて覚えていくものである。日本語バージョン(『絵で見る英語』)も発売されている。いずれもアマゾンで購入できる。お勧めである。
最近では「絵」ではなく「コアイメージ」という言葉がよく用いられている。多くの英単語学習ブックが発売されているが、お勧めの参考書は、田中茂範の『英語のパワー基本語』シリーズと大西泰人の『ネイティブスピーカー』シリーズである。いずれもアマゾンで買える。

 

(3) 単語「ネットワーク」を利用する――これは中級者以上にとっての語彙習得のコツである。語の意味は、まわりの語の意味がわかれば、わかる。相互依存の関係だ。したがって、ひとつの語彙を覚えるには、まわりの語彙をいっしょに覚えるのが得策だ。私の一押しの参考書はOxford Paperback Thesaurusである。中級者以上ならば数冊同時に購入して、いつでも手に取れるように家中に置いておくとよい。初級者には田中茂範の『語彙を増やす―英単語ネットワーク』がお勧めである。

 

(4) 「例文」を丸覚えする――単語として覚えるよりは具体的な「表現」として丸覚えするほうが圧倒的に効率が良い。したがって「例文暗記」は語彙力強化の王道である。たとえば日常会話をマスターしたいのならば「日常会話例文」を数百個ほど暗記してしまえば、それでOKである。スピードラーニングがその例である。学校英語でもやはり例文暗記が王道である。参考書として最も有名なのは「Duo 3.0」である。これもアマゾンで買える。

 

(5) 自分の言葉として実際に使う――英単語を増やす最良の方法は、実際にその単語を自分で使うことである。単に暗記しただけの単語はどんどんと忘れていくものである。だが、自分自身が真剣に使った英単語は決して忘れない。会話であれ作文であれ、とにかく自分の内側から英語を英語としてアウトプットしていくことが、英単語力の強化には必要不可欠だ。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索