【聞くに聞けない、英語の疑問あれこれ】

大人になると、なかなか誰かに聞くに聞けない、英語に関する疑問を集めてみました。

【発音】

  • なぜアルファベットのaには、「エイ」と「ア」の2つの読み方があるのか

  • oneとwonが同じ発音なのは、おかしくないか

  • イヤー(year)は、なぜan yearではなくてa yearなのか

  • psychologyをサイコロジーと発音するのは、どう考えても無理ではないのか

  • 英語ネイティブの声は、なぜ響くのか。英語を話すときには、あのように話さなければならないのか

  • I(アイ)は二重母音だというが、たんに「ア」「イ」という2つの母音のつながりではないのか

  • moderateが「モデレート」ではなく「モデルット」にしか聞こえないのは、なぜか

  • 英語のabc(アルファベット)とローマ字は、なぜ読み方が違うのか

  • 同じ「a」でも、appleのaとnameのaとwalkのaとでは発音が違う。なぜこんなデタラメが英語では許されるのか

【文法】

  • Do you study English? なのだから、Are you a student?ではなく、Do you be a student?なのではないのか。あるいは、Are you a student? なのだから、Do you study English?ではなく、Study you English?ではないのか

  • 動詞の「原形」とは、いったいなにか。haveの原形はhaveなのに、amやisやareの原形はbeであるのは、おかしくないか。そもそも、なぜ突然beというものが、出てくるのか

  • go, went, goneのなかで、wentだけが、おかしくないか

  • My hobby is running.が、「私の趣味はランニングです」という意味であり、「私の趣味が走っている」という意味ではないのは、なぜか

  • I, my, me, mineはわかるが、you, your, you, yoursやhe, his, him, his、she, her, her, hersのように、同じ語がだぶっているのは、おかしくないか

  • なぜnotとnoがあるのか。It is not good.ではなく、It is no good.では、なぜダメなのか

  • tell-told-toldのように、過去形と過去分詞とが同じかたちというのは理不尽ではないか。give-gave-givenのように、つねに形を変えるべきではないのか

  • shouldはshallの過去形だというが、それでいてshouldが「べきだ」であり、shallが「だろう」というのは、無理ではないのか。

  • The door is closed.のclosedが過去分詞であり、The door is open.のopenが形容詞というのは、無理ではないか。「閉まっている」と「開いている」なのだから、品詞は同じはずだ

  • onやoffは前置詞だというが、The switch is on/off.(スイッチはオン/オフになっている)のonとoffが前置詞とはとうてい思えない

  • from the tenth century to the nineteenth centuryは、正確には何年から何年のことなのか

  • I am in the garden.やHe is out of office.は、5文型のどれにあたるのか

  • そもそも英文法には、例外があまりに多すぎないか。規則の意味が、ないではないか。

【語彙】

  • Dream comes true.(「夢が現実になる」)で、comeを「なる」と訳すのはおかしくないか。「なる」ならば、Dream becomes true.ではないのか

  • Peopleは、単数なのか、複数なのか

  • 辞書にはひとつの語に多くの品詞や訳語が載っているが、そのうちのどれがいったい正解なのか

  • なぜI am→I’m、You are→You’re, It is→It’sなどと短縮しなければならないのか。短縮すると、you’reとyour、it’sとitsとの区別が、つかなくなるのではないか。

  • waterやairが数えられない名詞というのはわかるが、carpやsheepが数えられない名詞だというのは納得できない

  • high volumeは「大量」と辞書にあるが、おかしくないか。big volumeではないのか

  • 辞書には「article」の意味として「記事/論説/論文」「条項」「品物」「品目」「項目」「冠詞」などが載っているが、なぜ「記事」「品物」「冠詞」が、英語では同じ語彙になるのか

  • 「形容詞」は「adjective」だという。その一方で「-iveは英単語の末尾に付いて単語を形容詞にする働きがあると」とも習った。とすると、adjectiveという語の意味は、「形容詞」(名詞)ではなく、「形容詞的な」(形容詞)ではないのか。

  • 「下に」には、underとbeneathとbelowがあるが、なぜそれほどたくさんあるのか。それぞれの使い方を間違うと、どうなるのか

【その他】

  • なぜ大文字と小文字の区別があるのか

  • なぜIだけがいつも大文字なのか

  • 実際の英語をみてみると、米国は「U.S.A」と書かれていたり、「USA」と書かれてあったり、「the USA」とtheがついてみたり、「the U.S.」とAのないものまで、じつにさまざまである。どれが正しいのか。一方で、CanadaはCanada、JapanはJapanだけである。なぜなのか

答えを知りたいかた、成瀬塾まで。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾