「国際英語」と「ネイティブ英語」が別言語であるとまず規定することこそ日本人や日本社会にとって最も重要で価値あるこ

「国際英語」は「ネイティブ英語」とは別言語であるという私の主張を受け入れない人々は数多いことだろう。

まず、ほとんどの英語ネイティブは私の主張を受け入れないであろう。彼らは自分たちの言葉、すなわちネイティブ英語が世界共通語になることを望んでいる。それが自分たちを圧倒的に有利にすることをよく知っているからである。

また、日本人であっても英語好きや英語関係者の多くは、私の主張に対して「いいたいことはわからないことはないが、でも英語は英語であって国際英語とは英語の一種にすぎない」といった反応をすることだろう。日本人でありつつも、彼らの精神構造は英語ネイティブに極めて近い。

多くの言語学者たちもまた、言語学的な観点から「国際英語」を「ネイティブ英語」と別言語とすることに対してはなんらかの疑問を呈することだろう。彼らの関心は、言語の厳密な分析にあるのであって、人間や社会にとって何が重要なのかにあるのではない。

いわゆる「現実主義者」の中には「ビジネスにしても学問にしてもイギリス人やアメリカ人のような英語を使う方が実際のところ有利な立場に立てるのだから、敢えて国際英語などといった理想主義的な概念を持ち出す必要はない」との意見を持つ人もいるかもしれない。だがこうした現状最優先主義の論理は、女性差別問題と根本はまさに同じだと私は考える。

だが、そうした人々がなんといおうとも、私は「国際英語」と「ネイティブ英語」が別言語であるという、みずからの主張を変えることはない。

なぜならば、「国際英語」と「ネイティブ英語」が別言語であるとまず規定することこそが、私たち日本人や日本社会にとって、最も重要であり、価値あることだからである。

さらにいえば、日本人が伝統的な日本人としての良さを失うことなく、新たな国際的な日本人へと大きく成長していくためには、そして日本人が英米に対する隷属的な精神構造から抜け出すためには、「国際英語」と「ネイティブ英語」を別言語だと宣言することこそが、まずは必要不可欠だからである。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 成瀬塾